高評価なプロミスの審査申込み

即日キャッシングを利用する際には、“あなたに関する書類”の提出が求められます。必ず必要なのは「本人確認書類」!この本人確認書類とは、氏名・生年月日などが記載された公的な書類のことで、「運転免許証」などがこれにあたります。

 

恐らく多くの方が運転免許証を日頃から持ち歩いていらっしゃるはず。そうした場合には、前もって書類の準備をする必要は特にありません。また運転免許証がないという方も焦らなくて大丈夫!「パスポート」や「健康保険証」、さらには「住民票の写し」なども本人確認書類として使用でき、審査には、それらのうち、どれか1種類があればOKなのです。

 

自分にとって最も手軽に準備できるものを1つ選んで用意しておきましょう。つまり「消費者金融でのキャッシング申込時に必要な書類は本人確認書類ひとつだけ」!とっても便利ですよね。

 

ところが、キャッシングの借入希望額が50万円を超えてくると状況は変わってきます。貸金業法に伴い、借入限度額が50万円を超えると「本人確認書類」に加え「収入証明書」の提示が必要になるのです。では、収入証明書としては、どのようなものを用意すればいいのでしょうか。

 

もし、あなたがサラリーマンもしくは公務員といった給与所得者だとすれば、「給与明細」や「源泉徴収票」がこれに当たります。

 

“前回の分”の源泉徴収票、または“直近” の給与明細を準備しておきましょう。また、あなたが自営業者やフリーランスであれば、「確定申告書」や「課税証明書」がこれに当たりますから用意しておいてください。

 

消費者金融で借入をする場合

「消費者金融で借入をする場合は、利用限度額が50万円を超えると提出すべき書類が増える(本人確認書類に加え収入証明書類も必要)」と覚えておきましょう!

 

さらに言えば…、自営業・フリーランスといった働き方をされている方は、(安定的な収入があることの証明を求められた場合に備え)念のため、たとえ借入希望額が50万円に満たないときでも、収入が証明できる書類を準備しておくといいですね。

 

キャッシング審査では、安定した収入があるかどうかが最大のポイントとなるなか、給与性ではない個人事業者は収入の安定性が低いと判断されやすい傾向にあるため、数年前から直近までの収入が確認できる書類をさっと提示できるようにしておくと良いでしょう。

 

なお、必要となる収入証明書の内容については、キャッシング会社毎に微妙に異なります(1ヶ月分で良いところや、数か月分の提示が必要なところがある)。ですから、利用するキャッシング業者を決めたら、公式HPなどを見て「審査に必要な書類は何か」をしっかり確認し、申込前に必要なものをすべて手元に揃えておくようにして下さい。

 

また近年は、ネットを利用して、店舗に足を運ぶことなく借入をすることができるようになってきていますが、この場合も書類の提出は必須。

 

ネットで申込を済ませる時には、デジカメやスマホで撮影するか、スキャナで取り込むか…といった方法で画像を用意し、その画像をメールに添付またアップロードして提出します。郵送する手間がかからないぶん、よりスピーディに申込を済ませることができますよ!

 

ちなみに、(貸金業法対象外である)銀行での借入においては、利用限度額が50万円を超えるケースでも複数書類の提出が要求されないことが多く、主要な銀行カードローンでは300万円程度までは収入証明書なしに借入可能。

 

まとまった額を借りたいときには、むしろ銀行カードローンを利用したほうがよりスムーズにいくこともありますから、大口の借入をお考えの際には銀行での借入を検討するのもひとつですよ。