高評価なプロミスの審査申込み

今すぐに現金が必要になってしまった時、手持ちも預金もない場合にキャッシングを利用する事があるかもしれません。その理由が切実であればあるほどつい頼ってしまいがちなキャッシングですが、返済の事を考えるとやたらな利用を重ねる事は危険です。

 

特に借り入れが一社に留まらず他社に及んでいるならば、一度自分の借金の全貌を見直してみる事も必要かもしれません。あとどれくらい借りれるかではなく、どうしたら全て返せるのかという観点で借金を見つめ直す事で、さらなる借り入れの連鎖を止める事ができるかもしれません。

 

複数社の借り入れは何社可能?

キャッシングの審査の際、他社の借り入れ総額が100万円を超えると収入証明書の提出が必要です。では、100万円を越えなければ何社から借り入れをしていても大丈夫なのでしょうか。

 

基本的には、他社での借り入れがあったとしても新たに融資を受ける事はできます。審査の基準は各社若干の違いはあっても、常識的には3社を超える場合は新たな審査通過は難しいと言われています。

 

消費者金融には総量規制という法律で決められたルールがあって、収入の3分の1以上の融資はできない事になっています。申込者が何社でいくらの借金しているのかは、信用情報を見ればすぐにわかります。そこであまりにも多額の借金があるとわかると、即日キャッシングはなかなか難しい可能性があります。

 

返済が負の連鎖に陥る危険

借り入れ先が複数になると、返済の管理が複雑化してくる恐れがあります。そうすると他社の返済をするためにお金を借りて、そこに返すためにまた他で借りるといった具合に負の連鎖を起こしかねません。いわゆる多重債務という事になりますが、その場合はまずは借金の一本化ができるかを検討してみる事をおすすめします。

 

おまとめローン

借り入れが他社に及んでしまい残高も多くなっているならば、まずはその借金をなるべく少なくする事に専念しましょう。そのような場合におまとめローンを利用するメリットはたくさんあります。

 

まずは借金を一本化する事で返済の管理がしやすくなります。何社かで借りていると、自分の借金がいくら残っているのかも把握しにくくなってしまいます。そうなるとお金の管理をきちんと行う事はかなり難しくなるでしょう。いくつもあった返済日も1社にまとめれば1回で済みますし、残高もまとめて見る事ができますから、返済の目標も立てやすくなるでしょう。

 

複数社で借金をしていると、その全てを完済するのにはかなりの労力が必要です。その点でおまとめローンは金利も低くなる事が多く、返済総額を少しでも少なくするのに役立ちます。もしもおまとめローンでも手に負えない状態になっていれば、次の手を考える必要があるでしょう

 

債務整理

複数社での借金が、まとめてもどうにもならない状況になってしまっているならば、これ以上の借金を増やすべきではありません。その場合は債務整理を行う事をおすすめします。最悪の場合は自己破産もありえますが、まずその前に借金を返済できる状況に整えて、可能な限り返済するようにしていくよう検討する事になるでしょう。

 

債務整理をすれば、当然それ以降の借金はしばらく不可能になります。全く借金ができない状態だと、車の購入などの金額が大きな物をローンで購入する事はできなくなりますし、キャッシングも当然できなくなります。そのような事にならないように、キャッシングの利用は返済とのバランスをよく考えて利用しましょう。