高評価なプロミスの審査申込み

審査が早いと基準も甘い?

消費者金融系キャッシングだけでなく、銀行系キャッシングでも即日融資は可能になっています。どちらも審査は最短30分という早さです。大手消費者金融のほとんどは銀行のグループに入っていますので、即日キャッシングのノウハウは銀行の即日審査にそのまま活かされているのです。

 

銀行と消費者金融のキャッシングは、営業時間や金利、貸し出し金額の制限等で違いはありますが、審査に関しての違いはほとんどないと言えるかもしれません。しかし銀行で借金をする場合、通常は審査に何日もの時間がかかりますが、即日キャッシングの審査が早いのは何故でしょうか。キャッシングは基準が甘いのかといえば決してそういうわけではなく、ダメな時は本当にダメなのです。

 

スピードキャッシングの審査のからくり

即日キャッシングは、コンピューターが自動的に審査をするスコアリングシステムを活用しています。消費者金融会社は過去に多くの取引を行っていて、これまでに利用してきた人達の年齢や職業、年収や返済状況等、個人の属性がデータ化されています。

 

借り入れに対しての返済状況なども、属性別である程度傾向が分かれている部分があるようです。つまり職業によっても借り入れをしやすい仕事とそうでない仕事があるのです。それら過去の膨大なデータを基にしたスコアリングで、ある程度の審査が可能になっているのです。

 

スコアリングシステムでは、それぞれの属性をポイント化したその合計で判断します。合計が高ければ高いほど信用度があるという事になります。例えば職業で言うならば、公務員は一番高いポイントが付くと言われている職業です。次に会社員、自営業など、ポイントの多さは収入の安定度に依存しています。

 

居住しているのが持ち家か借家かでもポイントは違います。持ち家の場合、返済から逃げてどこかへいなくなってしまうリスクが低いと判断される部分もあってポイントが高いのです。このような調子でコンピューターが申し込みの基本情報に応じてあっという間に結果を出すので審査が早く終わるのです。それなら審査はやはり甘いかといえば、そうではありません。

 

本人確認と在籍確認

いくら即日スピードキャッシングとはいっても立派なお金の貸し借りですので、やはり貸す相手が信用に値するのかの見極めは人間の目も必要です。かつては全ての審査を人が行っていましたが、いまでもやはりある部分は同じです。申し込みの段階で勤務先についての情報を記入しますので、そこに本当に勤めているのかどうかの在籍確認は原則電話で行ないます。

 

ただし、キャッシングの審査は平日だけでなく土日祝日も朝から夜まで行えます。もし会社が休みで確認の電話が不可能な場合は別の方法で確認する事になるでしょう。その場合には最新の給与明細や、会社の所属が証明できる保険証などを提出すれば大丈夫な事もあります。もしくは一旦仮の契約として最低限度額の融資を受けておいて、後日在籍確認をとる事もあり得るでしょう

 

もしも自分の会社がお休みの時や仕事が終了している時で、その日のうちにキャッシングを利用したいのであれば審査の際の在籍確認の方法について申し込み書類にその旨を記入するか、直接相談をした方が安心でしょう。コンピューターがいくら早くても、人による審査の全てを完了できないと審査に通る事はできません。ですから決して基準が甘くなっているわけではないのはこの事からも理解できます。