高評価なプロミスの審査申込み

パソコンや携帯電話などからでも簡単に申し込むことができるキャッシングは、利用の際にも家族に秘密にしておくことが可能です。しかし、これは必ずしも絶対に家族にバレないことを約束するものではありません。キャッシングの形跡が残っていれば、そこから家族にバレてしまうこともあります。ここではキャッシングがバレてしまいやすい3つのケースを紹介します。

 

取引履歴

1つ目は、通帳に記録される取引履歴によってバレてしまうケースです。キャッシングの返済に口座振替を利用した場合、通帳にその履歴が残ってしまいます。これが原因でキャッシングがバレることがあるのです。キャッシングの返済方法の中でも、口座振替やインターネットバンキングを利用した返済は非常に手軽で便利な返済方法だと言えます。

 

しかしこの方法だと通帳にしっかりと記録が残るので、自分以外の家族がいつでも通帳をチェックできるようになっている方は、他の返済方法を選ぶことをお勧めします。例えば、ATMを利用した返済なら下手な形跡を残す心配はありません。返済内容の明細書が発行されるので、その明細書さえすぐに処分してしまえば安心です。

 

キャッシング利用時に使う借り入れ用カード

2つ目に挙げられるのが、キャッシング利用時に使う借り入れ用カードによってバレるケースです。キャッシングの契約をすると、借り入れ用のカードが発行されます。このカードを家族に見られてしまうと、一発で家族にキャッシングの利用がバレてしまいます。

 

特に危険なのは、つい油断してカードを放置してしまった場合です。財布の中身を整理したついでにテーブルの上に置き忘れてしまうと、家族に見つかる危険性が高まります。また、自分の財布を家族に預ける場合も中のカードを見られる恐れがあるので、注意しましょう。

 

キャッシング用のカードをどこかに出しっぱなしにしないことはもちろん重要ですが、家族に財布を預けて買い物の際の支払いをしてもらう場合が多い方は、家族に見られてもバレにくいカードを手に入れておくと効果的です。例えば銀行カードローンの場合、通常のキャッシュカードにキャッシング機能を付けられることがあります。これならパッと見ただけなら普通のキャッシュカードにしか見えないので、カードによって家族にキャッシングがバレる危険性は大きく減ります。

 

返済の滞納

3つ目のケースは、返済の滞納による露見です。きちんと返済日に間に合うように返済していれば大丈夫ですが、万が一返済日を忘れて滞納してしまった場合、キャッシング会社から連絡が来てしまいます。

 

最初の連絡は、メールか携帯電話への電話で行われるのが一般的です。一度目の連絡があった時点ですぐに支払いをすれば、再度連絡が来る心配はなくなります。ところが、キャッシング会社から催促の連絡が来たにも関わらず更に滞納を続けてしまうと、ついに自宅や勤務先に連絡が来るようになってしまうのです。

 

とはいえ、キャッシング会社が電話で会社名を告げたり、電話を受けた勤務先の同僚や家族にキャッシングの滞納について言及することは基本的にありません。通常はキャッシング会社の担当者が個人名で電話をかけて来るので、これだけならそれほどバレる危険性が高いわけではないのです。

 

しかし再三の連絡にも関わらず滞納が続いてしまうと、キャッシング会社も手をこまねいているわけにいかなくなります。結果、返済勧告書や督促状が自宅に送られてきてしまうのです。一応これらの郵便物の場合も、表にキャッシング会社の社名が記載されていることはありません。「事務センター」などの記載方法になっているので、外側からならキャッシングの利用がバレる可能性は低いと言えます。

 

ですが何度も内容が分からない電話がかかってきたり見覚えのない差出人からの郵便物があれば、家族は不審に思います。そうして家族に問い詰められれば、おそらくキャッシングを隠し通すことは難しくなるでしょう。もしもキャッシングの返済に遅れてしまいそうな時は、返済日を過ぎる前にキャッシング会社に連絡を入れておきましょう。そうすれば、とりあえず一部の返済だけで済むように対応してもらえることが多く、滞納という扱いになりません。滞納しなければキャッシング会社から連絡が来ることもないので、家族にバレる心配もなくなります。